• ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

どんな時に役立つのか知っておこう

パートナーが浮気をしていることが分かれば、慰謝料を請求できるかもしれません。 その時のために、密かに証拠集めをしている人が見られます 裁判をする時に、相手が浮気をしていると口で言っても聞いてくれません。 物的な証拠が必要になることを覚えておきましょう。

会社の不正を改善する

不正が起こっていたら、早く原因となる人を見つけて処分しなければいけません。 放置していると、会社の利益が少なくなります。 ですが、確証もないまま処分することはできません、 犯人が違っていた時に、別のトラブルが起こります。 確実な証拠を入手してから処分しましょう。

警察の力を借りたい時に便利

警察は、どんな内容のトラブルでも被害が実起こっていないと行動してもらえません。 被害を受けていると口で伝えるだけでは、なかなか動いてくれません。 証拠を見せると、トラブルの大きさがすぐに分かるので対応してくれます。 警察の力を借りて、トラブルを解決しましょう。

パートナーの浮気を知る

例えばパートナーが浮気をした時に、言葉だけで攻めても相手は認めないかもしれません。
言いくるめられる危険性があります。
ですがその時に証拠を見せつけば、言い訳ができなくなるでしょう。
相手の浮気を追求したい時に、証拠があると便利です。
証拠が何もない状態では、相手を追求することができないので自分が不利な状態に陥ります。
浮気をされると頭に血が上って、早く相手に追求したくなるかもしれません。
ですが焦る気持ちを抑えて、証拠集めを先に進めましょう。

また様々なトラブルを解決する時にも、証拠が便利です。
会社で社員が不正をしていた時に、処分することができます。
証拠がないと、間違って全く関係無い人を処分してしまうかもしれません。
そんなことがあれば、会社の信頼性が大きく低下するので気をつけてください。
証拠を掴んでいれば、誰がトラブルの元凶なのかハッキリ分かります。
不正をした人をいつまでも雇っていると、トラブルが再び起こったり悪化したりします。
はやく処分しなければいけません。

他にもいろんなトラブルが起こった時に、証拠が力を発揮してくれます。
自分が被害者だと訴えても、証拠がないと取り合ってもらえないケースが多いです。
犯人をそのまま野放しにすることにも繋がるので、第2、第3の事件が起こります。
被害を受けた時点で、しっかり証拠を集める意識を持ってください。
証拠1つでは足りないかもしれないので、何個も掴んでおくと安心できます。