会社の不正を改善する

社員を処分するために使う

会社のお金を横領する事件が増えているので、気をつけてください。
最初はただの計算間違いかと思う人が多いですが、実は誰かが不正にお金を奪っていた可能性があります。
そのようなトラブルが起こったら、早く犯人を見つけて処分しなければいけません。
気づかないで放っておくと、犯人の行動は次第にエスカレートしていきます。

仕事で使うお金の大半を奪われたら困るので、証拠を見つけて処分しましょう。
証拠があれば、警察に見せることで法的な処分を与えることができます。
犯人が反省しているようであったら、そこまでしないでクビにする程度で良いでしょう。
どのような処分を与えるかは自由ですが、会社の損失が大きくならないよう考えましょう。

余計なトラブルを防ぐ

トラブルが起こらないように、不正した犯人を見つけてください。
間違って別の人を犯人だと言ってしまうと、その人の信頼性が低下します。
あとで誤解だったということが分かっても、1度低下した信頼性は簡単に戻りません。
この人が怪しいという噂を聞いても、それだけで犯人扱いすることは絶対にしないでください。
物的証拠があれば、確実に犯人だと言えます。

噂は状況証拠にしか過ぎないので、信頼性が低いです。
お金が横領されているトラブルが起こっている場合は、現行犯で捕まえるか物的証拠を見せて、相手に非を認めさせるしかありません。
正しい犯人を見つけるために、証拠集めが重要になります。
噂に左右されないで、しっかり調査を進めてください。